8
百の四文字熟語 TOPぺージに戻る
寒松千丈
かんしょうせんじょう
節義をずっと堅く守り続けること。       ・「寒松」は厳寒の中の松。「千丈」は時間や空間の長いことをいう。松は 厳寒のときにあっても風雪に耐えて緑を保ち続けることから、節操を守り 続けることの象徴となった。
●出典は、『旧唐書(くとうじょ)』穆寧伝(ぼく ねいでん)論
●表現としては、「寒松千丈の節
●同じ意味の言葉としては、雪中松柏(せっちゅうしょうはく)などがある。
相互リンクを募集しております。